マスダクリニック

MENU

形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂症とは「まぶたが十分に上がらない状態」を意味します。
先天性、後天性眼瞼下垂があり、後天性は加齢やコンタクトレンズの長期着用、頻繁にまぶたをこすることなどによって、まぶたを挙げる眼瞼挙筋腱膜が薄く緩んで伸びてしまうことで起こります。また、皮膚のたるみにより眼瞼下垂の症状があらわれることもあります(偽性眼瞼下垂症)。

眼瞼下垂症の症状

  • まぶたが重い、上がらない。黒目が上まぶたに隠れてしまう。
  • 目を開くときに、まゆ毛を一緒に上げてしまう。
  • 額に深いしわができている。
  • 頭痛、肩こりがひどい。夕方になるとひどくなる。
  • 上まぶたがくぼんできた。
  • 二重の幅が広がってきた。

治療法

挙筋前転法

○切開法
ふたえのラインを切開し、緩んでいる眼瞼挙筋腱膜を、瞼板というまぶたの軟骨に固定しなおします。
まぶたの皮膚がたるんで、目にかぶさっている場合には同時に皮膚も切除します。
○埋没法
まぶたの下垂が軽度~中等度で皮膚のたるみの少ない方が適応となります。
皮膚を切開せずに、まぶたの裏側から糸をかけて眼瞼挙筋腱膜をひきだしてくる方法です。
○皮膚切除法
皮膚のたるみによって眼瞼下垂の症状があらわれている場合に行う方法です。
通常はふたえのラインに沿って余剰な皮膚を切除します。まぶたの皮膚が厚い方の場合、眉毛の下の皮膚を切除する場合もあります。(眉毛下皮膚切除法)

手術費用

両目 約45000円
片目 約23000円