マスダクリニック

MENU

形成外科

ケガ、やけどの治療

形成外科はケガややけどを治療する専門科でもあります。傷をきれいに治すためには初期治療がとても大切です。当院では傷の状態にあわせて最適の治療を行い、きれいに早く治すことを心がけています。

ケガの治療

切創

ガラスや刃物で切った傷のことを言います。傷の深さによっては縫合したほうがきれいになおる場合が多いです。縫合の際にはきれいに治るように、真皮埋没縫合という特殊な縫合法を行います。

擦過創

いわゆる擦り傷です。道路や公園などで転んで受傷した場合には、傷の中に砂利などの小さな異物が混入している場合が多く、このまま治してしまうと異物が皮膚の中に埋もれてしまって刺青のような状態になることがあります。これを防ぐために傷の表面に麻酔クリームを塗って、異物を十分に取り除く治療を行いた後に軟膏処置をします。

挫滅創

鈍的な外力によって、皮膚が裂けたりつぶれたりした状態です。傷の辺縁の損傷が高度の場合には、治癒に時間がかかることがあるため、皮膚の損傷のひどい部分を一部切除して、きれいな状態にしてから縫合します(デブリドマン)。

刺創

針などの先端のとがったものによる傷です。傷の奥に異物の先端が紛れ込んでいることがあるため、場合によってはレントゲン検査などが必要になります。

咬創

動物や人に咬まれた傷のことを言います。歯に付着している雑菌によって傷が化膿することが多いため、十分な洗浄、抗菌薬の投与、破傷風の予防注射などが必要になります。 ぴったりと縫合すると雑菌を閉じ込めてしまうため、縫合は行わないか、もしくは傷を軽くよせる程度に縫合を行います。

やけどの治療

やけどの初期治療

やけどはどのような場合でもすぐに冷やすことが重要です。これによりやけどがより深くなることを防ぐと同時に、痛みを和らげる効果があります。 まず水道水などで、衣服を着ている場合には無理に脱がせずに衣服の上から20分ほど冷やしてください。水ぶくれなどができた場合は破らないようにしてください。十分に冷やした後に濡らした清潔なタオルなどで覆って医療機関を受診して下さい。

やけどの深さ

やけどは乾かさない湿潤療法という治療法が基本となります。創傷被覆材や軟膏などで熱傷面を閉鎖し、傷の表面から出てくる有効成分(サイトカイン)によって傷を治す治療法です。頻回のガーゼ交換が不要なため痛みを伴わず、早期に治癒させることが可能です。傷の表面が感染している場合にはこの治療法は適さないため、専門医による指導が必要となります。

やけどの深さ

やけどは深さによってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類されます。

Ⅰ度
表皮までの深さで痛み、赤み、熱感を伴います。
Ⅱ度
浅達性 真皮の浅層までの深さで水疱、強い痛みを伴います。治るまで1~2週間かかります。
深達性 真皮の深層までに達するやけどで痛みは弱くなります。治るまで3~4週間かかり、ケロイドや肥厚性瘢痕を形成する場合があります。
Ⅲ度
皮下組織に達するやけどです。治癒に1カ月以上かかることがあり、手術が必要な場合もあります。

ケロイド

ケロイドとは?

赤くみみずばれのように盛り上がる傷跡は、一般的に「ケロイド」と思われることが多いですが、専門的にはケロイド・肥厚性瘢痕・瘢痕拘縮といったものの可能性があり、それぞれ治療法が異なります。
ケロイドは体質によるものが多く、遺伝することもあります。ケロイドはニキビや毛嚢炎などからも発生することがあり、胸や肩、お腹(特に帝王切開をされた方の下腹部)、またBCGの注射跡、ピアスをあけた耳にできることもあります。

ケロイドの治療

1. 手術しない方法

○飲み薬
飲み薬ではトラニラストや漢方薬の柴苓湯が有効であるとされています。ケロイドや肥厚性瘢痕の痒みをはじめとする自覚症状を抑え、さらには病変自体を沈静化させると考えられています。
○塗り薬
炎症を抑える目的でステロイド軟膏・クリームや、非ステロイド系抗炎症剤、ヘパリン類用物質、シリコンジェル(ケロコート)などを使用します。
○テープ治療
最も多く利用されているものには、ステロイドのテープや、シリコンジェルシートがあります。
○注射
ステロイドをケロイドに直接注射することで赤みや盛り上がり改善させます。
○レーザー
ケロイドの治療に、レーザーを使うことがあります。当院ではロングパルスヤグレーザーを使用しています。

2. 手術する方法

○切除・縫合法
ケロイドを摘出した後に、傷を縫合しなければなりませんが、ケロイドが再発しないように工夫して縫うことが必要です。ケロイドは、引っ張られる力がかかる傷にできやすいと考えられるため、皮下埋没縫合を行って引っ張られる力に負けないように傷を縫うことがポイントです。
○手術の後療法について
ケロイドの術後に再発予防目的でステロイド注射や放射線治療(電子線照射)を行うことがあります。外科的治療および後療法で一度は完治したとしても、術後から治療部位の皮膚伸展を繰り返していれば、やはり再発することもあります。よってシリコンジェルシート、軟膏、圧迫療法などを続けていただく必要があります。
KELO-COTE(ケロコート)

KELO-COTEは傷跡、肥厚性瘢痕、ケロイドといった過剰瘢痕の治療および予防のためのシリコーンゲルで、塗布後すばやく乾いて透明な無色の皮膜シート層を形成し、塗布部位を保護します。

1本6g 3,450円

シリコンジェルシート(シカケア)

シリコンジェルシートは傷跡、肥厚性瘢痕、ケロイドを圧迫することで血流を低下させ、皮膚線維細胞の増殖を抑えると言われています。また圧迫することで服や体の動きで傷がすれないため傷に対する刺激を軽減することができます。大きさを自由にカットすることができ、繰り返しの使用が可能です。

1枚6x12㎝ 4,750円