マスダクリニック

MENU

美容外科

乳房縮小術・吊り上げ術

大きなバストや下垂したバストによる肉体的精神的症状を改善するために、バストの大きさや形を整える治療です。
乳房の整容的な改善と、乳房の重さによる肩こり、ブラジャーのストラップのくいこみ、乳房下部に慢性的な湿疹ができるなどの症状が改善されます。

手術手技

術前の乳房の形と、希望される術後の最終的な大きさによって手術方法は異なります。

○逆T字切開
乳房縮小術は乳房下部の乳腺組織・脂肪・皮膚を切除して、バストサイズを小さくして乳輪乳頭の位置を上方に移動させて形を整えます。
乳腺組織・脂肪が多く、なるべく小さくしたい方に適した手術法です。 乳輪の下に逆T字の傷跡が残りますが、半年~1年ほどで目立たなくなります。
費用 600000円
逆T字切開
○ドーナツ状切開
乳輪の周囲の皮膚をドーナッツ状もしくは三日月状に切除し乳輪周囲で縫合します。乳腺や脂肪の切除が不要な場合に適している手術法です。
費用 360000円

手術時間

通常1-3時間かかります。術式と乳房の大きさ、により異なります。

麻酔

局所麻酔と静脈麻酔を併用して行います。

起こりうる合併症

施術部位の血液貯留(血腫)、感染、乳頭の知覚障害が起こる場合があります。
切開創が大きくなる場合、乳輪・乳頭の血流障害や皮膚の壊死が起こる場合があります。
施術部位の熱感・痛み・赤み・腫れ・発熱・皮膚の変色などがある場合は、早めに診察をお受けください。